プロフィール

このウェブサイトを運営している、望月優輝です。九州大学理学部に在籍し、細胞生物学の研究をしています。定量的な研究が求められるようになる分野で、画像解析を生かしていきたいと思っています。

このウェブサイトはC++あるいはOpenCVの初心者が画像処理技術を使って実際の問題を解決していくときに有用となるであろう情報を共有したいという思いで作成しており、生物学を専攻している私が、これまで難儀しながらOpenCVを勉強してきたものを要約して公開しています。

高校の時からカニの歩行について研究しています。画像解析によりカニの歩行を自動で追跡し、歩く方向や範囲が周囲の他個体との位置関係に影響を受けることを示しました。自動化により、ハイスループットな解析が可能になり、移動速度や個体間相互作用の解析が可能になりました。

現在も高校生に対して、夏休み期間を利用して、おもに画像解析からのアプローチによるIT技術を使った生態調査の効率化・高精度化・高水準化のアドバイスと、実際のプログラミング技術の指導をしています。

近年のコンピューターの性能の向上と情報科学の発展によって、生物の分野にでも情報処理の技術を応用した新たな周辺領域が生まれつつあります。バイオ・イメージ・インフォマティクス分野では、顕微鏡画像の解析が多いのですが、その他にも動物の行動を追跡することによる動物行動学研究への応用や、リモートセンシングと似たような解析手法で取得した生物の空間分布データによる生態学研究への応用が期待されると考えています。生物研究者と、情報科学者あるいはエンジニアが協力することで、これら周辺領域を加速できると思っています。