画像解析代行

サービス概要

人にものを伝えるとき、論文を書くとき、例えば、なんとなく「こっちの方がちょっと大きい」といってもわかってもらえないかもしれません。そこを、「AはBよりも3.225±0.021cm大きい」と言えばわかってくれるでしょう。誰にでも納得してもらえるようにするために、数値化・定量化は重要な要素です。

画像処理、画像解析によって解決できそうな問題があれば、お手伝いをさせていただきます。様々な調査用途で撮影された動画や画像の処理から、画像処理システムの開発までサポートする画像処理サービスです。画像等の状態により、お引き受けできない場合もありますが、OpenCVを利用したオーダーメイドの画像処理プログラムを作成し、動画・画像から有益な情報を取り出します。

料金について

画像処理・解析の種類等により異なります。処理対象のデータが均一な場合には処理の条件分岐を少なくすることができるので比較的安価に済ませることができます。こちらで引き受けているのは多数のメニュー項目がついた汎用ソフトウェアの開発ではなく、単機能のソフトウェアです。基本的に画像・文字以外のユーザーインターフェイス表示はありません。本質的な処理内容以外の開発を極力抑えることによって、定量化ソフトウェアの開発は50,000円からと非常にリーズナブルになっています。

お申し込みの際の流れ

まずはじめにお問い合わせページより、依頼内容を画像の形式や要求する精度などを含めて可能な限り詳しくお知らせください。折り返しメールにて連絡を差し上げます。その過程でサンプルとなる写真・動画を用意し、メール等で送付してください。料金を提示しますので、金額に納得いただけたなら解析対象の画像・動画をすべて送付ください。

すぐに使える状態でお渡しします

開発環境を整えた状態のLinux(Ubuntu)が入ったUSBメモリの状態でお渡しします。起動するだけで使えるので、自分で環境を構築する必要がなく、ストレスフリーに解析をスタートできます。Linuxの最低限の使い方はサポートいたします。

自身での改良も可能です

機能追加も承っておりますが、ソースコードも含めてお渡しするので、改造などは自由です。また、ソースコード付きなので処理の内容が完全に理解でき、一般的なソフトウェアのようにブラックボックス化してしまうことはありません。

まずはお問い合わせください

お問い合わせはこちらからお願い致します。